磁石応用品

リューマックス-21C

リューマックス-21Cはマグナが独自に開発した強力な吸着力と6ポール着磁の優れた牛マグネットです。

当社がアメリカでパテントを取得した画期的商品です。

アメリカの畜牛業者は胃の中の苛酷な環境から牛を守るために、必ず牛に牛マグネットを飲み込ませます。一度飲み込んだマグネットは一生その牛の胃の中に収まりつづけます。
その牛マグネットに画期的な改良を加えたのがリューマックス21Cです。フェライト磁石とヨーク(鉄)を組み合わせてヨークに磁束を集中させることにより牛の胃の損傷を100パーセント近く解消することに成功しました。
また、磁石を剥き出しにしない耐摩耗性のデザインのため牛の胃の激しい収縮運動(1分間に約1.8回)にも耐え、胃の中の砂、石、瀬戸物のかけらなどの異物からの摩耗を防ぎます。

リューマックス21Cの最大の特長は、フェライト磁石とヨークの磁気回路にあります。

従来の牛マグネットは単一の永久磁石のため、吸いついた金属性異物が磁石両端から外の方に突き出してしまい、臓器を傷つけることがありました。
リューマックス21Cはヨークに同極の磁石を2個づつ配置し、できたNとSの6ポールの磁極で金属異物をしっかりグリップすることができます。両端から金属が突き出すことがないので、臓器を異物から守ります。

リューマックス-21C

OD × L
19φ × 84