マグナの磁石製品

フェライト磁石

豊富に存在する酸化第二鉄を原料とするフェライト磁石は、現在もっとも安価で安定的に供給できる焼結磁石(セラミック・マグネット)です。保磁力が高いので減磁しにくく、平面的な形状に適しています。
粉末の原料をプレス機で成型し、約1,200℃の炉で焼結するので、耐食性にも優れ、量産にも適しています。
異方性フェライト磁石(Anisotropic Ferrite)と等方性フェライト磁石(Isotropic Ferrite)の2種類にわけられます。

フェライト磁石の特長

  • 材料を安価に安定的に供給できる。
  • 保磁力が高いので減磁しにくい。
  • 焼物なので割れ易いが、粉末の原料をプレス機で成型するので量産に適している。
  • 比重が4.8g/cm³なので他の磁石よりも軽量化できる。
  • 平面に2極~10極以上。また、外周にも多極着磁できるので、メーターやモーターなどの需要が伸びいる。
  • ゴム磁石やプラスチックマグネットの原料に利用される。

用途

電子機器用各種デバイス、自動車のモーター・発電機用。文具類、家庭雑貨、健康機器など多数

フェライト磁石製品のご案内

異方性フェライト磁石

【ウェットタイプ】主原料は酸化鉄、それにストロンチウムを数%加え、水と混ぜてスラリー状(泥水状)にしたものを、金型に入れてプレス成型する。成型を磁界中で行うため、一方向に磁石の最小単位が整列し、異方性磁石となる。炉で焼結後、高さの寸法精度を上げるため、研磨加工そして洗浄処理をする。
【ドライタイプ】 原料は粉末を顆粒にしたものを使い、プレス成型し、炉で焼結する。ウェットタイプより磁力は7%ぐらい低いが、ウェットタイプと異なりプレス成型で面取りなどが出来る特長がある。

詳細はこちら

等方性フェライト磁石

主原料は酸化鉄。それにバリウムを数%混ぜて粉末にし、さらに顆粒にしたものを使用する。磁界をかけないでプレス成型した後、炉で焼結する。着磁磁界をかけた方向に磁力が入るため、軸方向にも径方向にも磁力が出る。ただし、磁力は異方性フェライトに比べてよりも1/2程度の強さである。

詳細はこちら

キャップマグネット

フェライト磁石とヨーク(鉄)を組合わせて、磁力を一定方向に集中させ、より強力にした磁石応用品です。

詳細はこちら

カップリング

リングタイプのペア磁石が、無接触でエネルギーを伝達。

詳細はこちら

フェライト鏡面仕上げ

リングタイプのペア磁石が、無接触でエネルギーを伝達。

詳細はこちら

ストリングマグネット

リストリングマグネットはゴムに磁石の粉末(主にフェライト)をまぜ、ひも状にしたものに着磁をしたマグネットです。

詳細はこちら